NEWS

2019/09/05

消費税率引上げに伴う路線バス(乗合バス)の運賃改定について

 京王電鉄バス株式会社をはじめとした京王電鉄バスグループ(注)では、2019年10月1日から実施される消費税率引き上げに伴う税負担増加分を運賃へ転嫁させていただくため、国土交通省から路線バス(乗合バス)の運賃改定の認可を受けましたのでお知らせします。
(注)…京王電鉄バス㈱、京王バス東㈱、京王バス中央㈱、京王バス南㈱、京王バス小金井㈱


1.改定理由
   2019年10月1日より実施される消費税率引上げに伴う税負担増加分の運賃への転嫁のため

2.改定実施日
   2019年10月1日(火)始発から

3.概要
 (1)普通運賃
    新しい運賃はこちら をご覧ください

 (2)回数券・一日乗車券等
    変更はございません

 (3)定期券について
  ①金額式IC定期券「モットクパス」
    新しい定期券金額はこちらをご覧ください
  

 モットクパスは設定運賃範囲内の区間であれば当社路線バス全線(一部除く)をご利用いただける定期券です。2019年10月1日の運賃改定後、現行と同一区間のご利用であっても、乗車区間運賃が設定金額を超えた場合は、差額をICSF残高から収受させていただきます。ICSFの残高不足の場合は1,000円をチャージし、お支払いただくか、現金でお支払いください。
 なお、お取扱上、異なる設定運賃への継続発売(有効期間が残った状態で、次の期間の異なる設定運賃への発売)はできず、新規扱いとなります。




 <モットクパスの新設定運賃への変更取扱いについて>
 運賃改定に伴い、前記のとおり差額精算が発生するお客様については、日割り計算・無手数料で払戻の上、新設定運賃のモットクパスを発売いたします。なお、払戻日までの差額精算運賃はご返金できません。

   

  ②磁気式(紙式)定期券(区間表示のあるもの)
   新しい定期券金額はこちらをご覧ください  
   なお、2019年9月30日をもちまして、一部区間・系統の発売を終了いたします
   詳しくはこちら をご覧ください

 (4)深夜急行バス
   詳しくはこちら をご覧ください
                    



                                                                
トップ